絶対できないよ、という呪いの言葉


f:id:blg20181001blg:20181125172638j:image

 

 





誰かが何かに取り組んでる/取り組もうとしてることに

対して「絶対できないよ」って言葉は呪いだと思う。


言われた側、
少なくともわたしはこのセリフを言われたら
不安になるし、やる気が下がってしまいます。


こういうことを言ってくる人は、
少なくないと思うのだけれど、
他人の行動に対して「無理!」「無駄!」って
言ってくるのはなにを持ってそう言ってるのか。


あとこのセリフに対して一番思うことは

そもそも他人なんだから
その人が失敗しようが損しようが
あなたにはなんにも関係なくない?
 

ということです。


みんな(というかこういうことを言ってくる人)は

他人の人生に興味あるのか
足を引っ張りたいのか、
はたまた無意識なのか。


わからないけれど
わたしは誰かが何かをやりたい!って
言ってることに対して応援できる人になりたいし、
応援する人が増える世の中になればいいなと思います。


否定する人がいるところには
似たような人が集まるし、
応援してくれる人がいるところには
同じく応援してくれるような前向きな人が
集まっています。


できる、できないは置いといて
挑戦する姿勢を評価してくれる人がいる環境は
雰囲気がいいなと思います。


他人の成功を喜べる人たちが多い場所って素敵ですよね。


今回の出来事で誰かの挑戦に対して
前向きな言葉をかけようと思わせてくれました。
 
 
なんだかなあ、と思う出来事があった直後は
もやっとしてしまいますが、
 
こうして文字に起こすことで
そのもやもやから気づく点があることを
発見しました。
 
 
もやもやは溜め込まず適度に吐き出して
気づきに繋げていきば自分のデータ蓄積になるはずです。