結婚を考える年齢に突入したら読みたい「婚活っていうこの無理ゲーよ」

f:id:blg20181001blg:20181202023223j:image

 

 

 こんにちは、OLちゃんです!

 

今回はあちゅうさんの「婚活っていうこの無理ゲーよ」を読んだので書評を書きます。

 

 

  • 結婚を考えるステップに突入した
  • 恋活・婚活をしている
  • 婚活しているけどなかなかピンときた人に出会えない
  • 結婚結婚ていうけどそもそも結婚ってなんだろう

 

 

これらに当てはまる人は登場人物の婚活三姉妹(美香・かえで・舞)に共感できる点が多く読み応えのある1冊です。

 

婚活を通して成長していく彼女らの姿には恋愛に対して前向きになる気持ちをもらえます…!

 

 

 

 

「婚活っていうこの無理ゲーよ」のあらすじ

 

もうすぐ30歳を迎える仲良し女子3人組の美香・かえで・舞。

 

3人はクリスマスイブの高級ホテルスイートルーム宿泊を賭けて、婚活レースを始める。

 

隠れて不倫をする美香、仕事に一所懸命・恋愛には後ろ向きなかえで、理想の恋愛・結婚を求める舞。

 

恋愛、仕事、結婚といった点から女性の姿をリアルに描いた小説です。

 

それぞれタイプが違う3人なので「自分はこの子のタイプに近いかも…?」と思いながら読み進められます。

 

 著者はあちゅうさんってどんな人?

 

 ブロガー・作家。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに読者と直接つながって言葉を届ける未来の作家の形を摸索中。
著作に「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 」、「半径5メートルの野望」、「通りすがりのあなた」など。月額課金制マガジン「月刊はあちゅう」が好評。

引用元:はあちゅう 公式ブログ - プロフィール:はあちゅう - Powered by LINE

 

twitter.com

 

20代OLに刺さったポイント

 

遠くにあると思っていた30歳というハードルがいつのまにか目の前に

 

  • 「30歳ぐらいで結婚したいね」「35歳ぐらいまでに子供が欲しいね」なんて合言葉のようにいうけれど行動していない
  • まだ結婚が自分事じゃないみたい

 

わかる~~~~(T_T)

 

この前まで制服着て授業受けていて、

大学生の時も友達と「週に5日も働くとか無理じゃない!?(笑)」なんて会話をしていたのにあっという間に「結婚適齢期だね」なんて言われる年齢になっていた。

 

 

遠くにあると思っていた誰かと結婚というイベントが

まわりで発生し始めて、会話にもリアルに登場するようになった。

 

 

でもわたしにとって結婚って自分ごとのように感じられないんですよね。

 

 

「いつか結婚したい」なんていうものの実際なにも行動していない…。

 

行動しないと何も起こらないですよね(当たり前)

 

 

そういえば学生時代同じクラスだった子が今年になって結婚しました。

 

彼女は周囲に「結婚しなさそう」と言われていたのですがたぶんクラスメイトの女子のなかで1番のゴールイン!

 

 

その子は「結婚したかったから一気に行動した。だから(結婚)できた」と言っていました。

 

 

結婚でもなんでも行動しないと何も変わらない、ということをひしひしと感じました。

 

 

数え切れないほどのプロセスがあって、やっとたどりつく結婚というゴール

 

「結婚したいね」なんて軽く言うものの、「いいな!」と思う人をまず探して、付き合って、関係を深めて…結婚までの道のりって長い!!

 

 

人と深く付き合うには、それなりのエネルギーがいるのだ。元気で余裕がないとちゃんとした恋愛なんかできない。(P.69)

 

 

そんな長い道のりを超えたいと思うならば、エネルギッシュで余裕がないといけない。

 

「結婚したいけど相手探すのめんどくさい」って言っているうちはまだまだ自分に余裕がないのかなと感じました。

 

 

結婚という制度自体をたまに、憎らしく思う。結婚がこの世に存在していなければどちらが責任を取るとか取らないとか、この先も一緒にいるかどうかなんて考えずに、目の前の相手のことだけ考えられるのに。(P.142)

 

 

 不倫をしている美香のセリフです。

 

美香は「結婚制度がなければ不倫について悩まなくて済むのに…」と考えますが、これ不倫以外でも言えるなあと。

 

 

結婚という区切りがなければ「まわりが結婚し始めた!」と焦ったり、「いつ結婚するの?」と言われプレッシャーを感じることも減るのにな。

 

(こんなことを考える時点で余裕なさげですか・・・?)

 

まとめ

婚活を通して成長した3人が気づかせてくれたこと

 

婚活三姉妹は婚活レースをして、きちんと恋愛と向き合うことで自分には何が必要なのかを見つけ出します。

 

 

わたしはこの本を読み始めたときから、自分はどの子に近いかなと思いながら読んでいました。一番共感する部分が多かったのは舞です。

 

 

舞は婚活レースを通して「自分の軸がない」「何かを自分の中に蓄積させたいという気持ち」に気づきます。

 

 

わたしはいままで自分の意思がなくて。それを変えたくて自分のデータを蓄積させるためにこのブログを始めたことを思い出しました。

 

 

恋愛!彼氏!結婚!といったワードが飛び交っているけれど、その声に流されて焦らずに、まずはきちんと自分と向き合って、自分を知ることで結婚を自分事にしていこうと思います。

 

 

わたしにも婚活三姉妹のような女友達がいるのだけど、その友達と美香・かえで・舞のような友情を続けていければいいなと思う作品でした♡

 

 

婚活三姉妹の女子会に混ざって会話しているような、読んでいてどきどき、読了後はすっきり明るい気持ちになれる素敵な本です。

 

 

はあちゅうさんは長編恋愛小説を書くのは初めてだそうですがとても読みやすかったので自作がいつか出るのも楽しみにしています♡