【書評】西野亮廣さんが伝える「新世界」での生き方


f:id:blg20181001blg:20181211222942j:image

 

こんばんは、OLちゃんです。

 

みなさん西野亮廣さんという方はご存知でしょうか?

 

 

わたしは名前はよく見かけるものの「どういう人?」と聞かれると全っ然答えられませんでした。

 

 

答えられるとしたら

西野さんといえばキングコングの人、

イケメンなお笑いの人(笑)

オンラインサロンが人気な人

たまに炎上してる(らしい)人

 

というくらい、、。

 

本屋では西野さんの本がよく平置きされているのを見かけます。

 

 

本が売れない時代でベストセラーをバンバン出し、サロンの入会者数も伸ばし続けている西野さんってどんな人?なんでそんなに人気なの!?

 

 

地味にずっと気になっていましたことから、先日西野さんが「新世界」というタイトルの本を出すということで早速本屋さんで購入してきました!

 


f:id:blg20181001blg:20181211223020j:image

(サイン入りが置いていたので、そちらを購入✨)

 

 

今回は「新世界」を読んだ書評を書きたいと思います。

 

 

この本は「西野さんの今までの活動」、そして「これから何のためにどういうことをしていきたいのか」について書かれている本です。

 

 

なので西野さんの本を初めて読む人や西野さんについて知りたい人にはぴったりだと思いますし、わたしも最初の「どんな人?」という疑問はすっきりしました!

 

 

では内容に移ります。

 

 

 

西野亮廣さんってどんな人?

 

漫才コンビキングコングのツッコミ担当。

 

最近は作家として絵本やビジネス書を出されていますね。彼が運営するサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は国内最大の規模を誇っています。

 

twitter.com

ameblo.jp

 

 

「新世界」のあらすじ

 

「キミに必要なモノは『勇気』なんかじゃない。『情報』だ」

常に挑戦を続け、常に注目を浴び続け、本を出版すれば全作ベストセラー。
同世代を中心に圧倒的な支持を集め、自身が運営するオンラインサロンは国内最大。

時代を牽引する革命家・西野亮廣が語る「一歩踏み出す為に必要な情報」とは?

そして、西野亮廣が見た『新世界』とは?

今、世の中で何が起きていて、二年後に何が起きるのか?
西野亮廣がキミに語りかける、“学校では教えてくれない”これからの時代の生き方。

「大丈夫。まだ間に合う」

 

Amazon商品ページより引用

 

 

時代の生き方と書いてありますが、西野さんは今新しい世界に向けて変化している世の中でご自身は何を考え、どう動いているかをメインした内容だと思います。

 

 

次に、読んでいて「なるほどな」と思った点をピックアップします。

 

 

「新世界」の読みどころ

信用がお金を稼ぐ 現代は「貯信時代」へ向かってる

 

 

現代のお金を作り出す方法として

  1. 時間を消費してお金を稼ぐか
  2. 無償で働くことでまわりから「信用」を稼いで、その信用を後々お金に換金するか

 

 

このふたつの方法があるとのことです。

 

 

その実例として挙げられていた人物のひとりが、元お笑い芸人で現在はホームレスの小谷真理(こたに まこと)さん。

 

 

この方はお笑い芸人を辞めたあとホームレスをしながら、自分の1日を50円で売り続けたそうです。

 

 

(週5勤務で250円、、恐ろしい!!)

 

 

日給50円生活を続けたことで、50円で小谷さんを雇った人たちから「信用」が集まっていきました。

 

 

そんなとき小谷さんはとある女性と結婚することになりました。でも日給50円で働く小谷さんには挙式する費用なんてありません。

 

 

そんな小谷さんに西野さんは「クラウドファンディングで資金を集めてみたら?」と提案します。

 

 

「他人の結婚式に支援金なんてみんな出してくれるの?」と考えていた小谷さんですが、なんとそのクラウドファンディングは大成功!!

 

 

じゃあ誰が支援してくれたのか?

 

 

それは50円で小谷さんを雇った人たちだったんです。

 

 

集まった信用は小谷さんのご自身の結婚式代となり、他にも彼のお寿司代になったり(笑)、その信用をもとにお金は持っていないけどお金に困らない生活を送っているそうです。

 

 

twitter.com

 

 

 

これからは時間を費やしてお金を稼ぐ時代ではなく、小谷さんのように信用を稼ぐのが大事になる時代が来る。

 

 

じゃあその信用はどう貯めていけばいいんでしょうか?

 

 

新時代に向けた「信用」の稼ぎ方

 

嘘をつかないこと

 

よくテレビに出ているようなタレントの方がクラウドファンディングをやったとしてもなかなか成功することは多くないそうです。

 

 

じゃあ支援が集まる人と集まらない人とでは何が違うのか?

 

 

それは信用があるかないか

 

 

テレビに出ているタレントさんたちは知名度はありますが、彼らは演技ができるし、仕事だから言わされていることもある。

 

 

そういった嘘が重なって信用度はあまり高くないのが現状です。

 

 

これからの貯信時代でそういった知名度だけ高い状態では生き残っていけない。

 

 

そういえばわたしはYouTubeが好きで、美容系YouTuberのチャンネルをいくつか登録しているのですが、個人で活動している彼女らが一斉に同じ商品を紹介する動画が上げることがよくあります。

 

 

なんで一斉に?というのは(説明するまでもないと思いますが、、)企業からPRしてね!と依頼されてるからですよね。

 

 

でもそういうのって視聴者は見ていてわかります。

 

 

コメント欄を見てると視聴者が「またPRか〜、、」「PRばっかだからチャンネル登録解除します(怒)」とがっかりしてるのもたまに見かけます。

 

 

「効果があった!」「おすすめ!」と本当はそう思ってなくてもPRすることはすぐに利益として返ってきますが、長い目で見ると好感度と信用度を下げてファンだった人も離れていってしまうんだなと思った瞬間でした。

 

 

嘘をつくことはメリットに対してデメリットが大きすぎますね。

 

 

芸能人でもインフルエンサーでもないわたしが出来ることはなにかなあと思うとやっぱり小さいこと、近いところからコツコツと信用を積み重ねていくことかな、と思います。

 

 

わたしが大切にしていることは「自分がやってほしいことをまずは自分からやる」ことです。

 

 

趣味で使っているアカウントがあるのですが、そこで誰かが拡散希望していたり、何かリアクションを求めていたら反応するように心がけてます!

 

 

地味にこれを続けているのですが、いざ自分がこれ拡散してほしい!と思ってお願いをしてみると、今までわたしがアクションを投げかけてきた人たちはそんなとき助けてくれるんですよね。

 

 

すごくすごく小さな趣味の界隈ですが信頼を積めているのかなあと思いました、、(*^^*)これを趣味だけに限らず他の活動エリアでも広めていきたいです。

 

 

まとめ

 

 

西野さんは自分の行動を元にお話されているのでとても説得力のある内容でした。

 

 

西野さんが作り上げたい新世界は「勝ってる人を勝たせ続ける世界ではなく、弱い人、声の小さい人を守る」世界

 

 

この言葉を西野さんの優しい人柄を感じて、なんだか心がじんわりあったかくなりました。

 

 

わたしはそんな新世界を見てみたいし、その世界で生きていける人間になりたいです。

 

 

なんだか優しくも、背中を押してくれるような本でした。

 

 

興味がある人はぜひ手に取ってみてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございました。